ニキビ治療の基本と応用|市販薬を用いたニキビ治療についてリンク集

大人ニキビ ケア
治りにくく繰り返しやすい大人ニキビ。大人ニキビの原因の多くは、お肌の乾燥とターンオーバーの乱れ。しっかりとした睡眠をとることと、十分な保湿がニキビ解消のカギです。そして、毎日のニキビケアには専用の化粧水をおすすめします。
ニキビ 薬 市販
ニキビの初期段階では市販薬も有効に作用します。成分も穏やかなので、毎日のニキビ治療に安心して使用できます。なお、種類によって使い方に注意が必要です。ひどいニキビに使う外傷薬には副作用の強いものもあります。用法を守って正しく使用しましよう。
おでこ ニキビ
大人になってから(20代以降)できるおでこのニキビは、思春期のニキビと違ってシャンプーや洗顔料などが関係してくることもあります。お使いのシャンプーや洗顔料の成分を見直すことで、治りにくいニキビの改善につながるかもしれません。
白ニキビ 面皰圧出
白ニキビは30代以降にできるニキビに多く見られます。この年代になると、男性ホルモンの影響で頬やあごにできやすくなります。自分で潰してしまうと悪化したりニキビ跡になって残ってしまうことも。そうなる前に正しいケアで白ニキビを治していきましょう。
にきび 毛穴 ケア
ニキビの原因は古くなった角質が毛穴に詰まってしまうことです。毎日の洗顔やお肌のお手入れで、角質のたまりにくいお肌にしていきましょう。
ファーストクラッシュ
洗うだけでニキビを予防するファーストクラッシュ。ニキビケアに必要な、洗顔・保湿・トリートメントがこれ一本でオッケー。8つの天然植物エキスでしつこいニキビをしっかり予防します!
ニキビ 皮膚科
本気でニキビを治したい方は皮膚科でのニキビ治療を検討してみませんか?日本ではまだ少ないニキビの皮膚科受診ですが、専門家の的確なアドバイスがあれば安心です。
ニキビ 化粧品 選び方
ニキビケアに人気があるのがビタミンC誘導体配合の化粧品です。ビタミンC誘導体には、色素沈着したお肌に直接有効成分を届けてくれるため、肌のくすみを薄くしたり、ニキビ跡を改善してくれるなどの効果が期待できますが。

大人ニキビ 治し方
繰り返す大人ニキビは、思春期ニキビと違ってお肌の乾燥が原因なので、対処法がことなります。洗顔ももちろん大切ですが、お肌を乾燥させないように保湿することが重要になります。ターンオーバーを正常化させ、十分保湿することが大人ニキビのケアでは大切です。
赤いニキビ跡
赤ニキビや赤くなったニキビ跡のケアにはビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンC誘導体は、ピーリングと違ってお肌に負担をかけることなくニキビ跡のケアができます。
大人ニキビ
ニキビには大人ニキビと言って、思春期を過ぎた大人にできるニキビがあります。思春期ニキビには脂質の取りすぎに注意が必要ですが、大人ニキビの対処法には生活習慣の改善が必須です。睡眠不足や食生活の乱れは肌のターンオーバーを妨げ大人ニキビの大敵となります。
あご ニキビ
大人ニキビは、20歳を過ぎてから繰り返しできるニキビのことです。特にあごや口周りに多く見られます。生理周期によってできることも。これらのニキビはスキンケアだけでは改善できないものです。生活習慣を見直して、身体の中から改善していきましょう。
ニキビ 赤み
ニキビの赤みは、抗炎症作用を持つスキンケア用品を使うことで改善が期待できますが、赤ニキビ痕の色素沈着した皮膚の赤みには、美白作用や抗炎症作用を持つビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。
胸 ニキビ
胸ニキビの原因には皮脂の過剰分泌がありますが、シャンプーの洗い残しでも胸元にニキビができてしまいます。デコルテニキビを予防するためには、清潔な環境を作ることが大切です。
ニキビ スキンケア
ニキビの予防には毎日の規則正しい食生活が重要です。食事ではビタミン類を意識して取り入れるようにしましょう。ビタミンAやビタミンCにはニキビを予防するために欠かせないビタミン類です。また、洗顔のし過ぎもよくありません。